戸隠地質化石博物館の日記

博物館周辺での日々のできごとを、地質、植物、動物などの各担当者が書いていく日記です。

山の恵み その2

先日、戸隠の観光スポット、鏡池に足を運びました。
紅葉はまだ始まったばかりですが、このところの急な冷え込みで、
いい色になそうな気配もありました。


ふとミズナラの木を見ると、まだ青いどんぐりがたくさん実っています。

枝から落ちる前の今頃が、クマにとっては最高のごちそうです。
今頃どこかで木に登ったクマが、もりもり食べているのかな、と思うと
ちょっと楽しくなりました。
今年はこの木のように、全体に豊作だといいですね。


実はちょうど1月ほど前、戸隠の家の近くでクマの足跡を見つけていました。

17〜18cmほどあるので、かなり大型のオスではないかと想像しました。

(道路のわきを足跡が一列に連なっていました)

夏場は森に餌があまりないので、人里に下りてくることが多いといいます。
ちょうど同じころ、畑が荒らされたり、コンポストを狙う被害も起きていました。
このクマはこの近くで何をしていたのでしょうか?
今はもう山にいるはずですが、
たくさん実ったどんぐりを見て、身近なクマの存在を思い出しました。