戸隠地質化石博物館の日記

博物館周辺での日々のできごとを、地質、植物、動物などの各担当者が書いていく日記です。

地層のような雪

暦の上では春なのですが、
寒波の襲来で今日も雪…

降り積もる雪、
小学校当時の水道タンクの上には
地層のように堆積していました。
火山灰が何回も降り積もって、
ローム(赤土)層ができる様子を連想させます。
寒くて雪がとけないのですね。


近くにある電気設備には、
そんなに雪が積もっていません。


高圧電気によって発熱があって
とけるのでしょうか?
それとも、日当たりがよいのか?
風あたりが強く、吹き飛ばされてしまったのか?
そこまでは、気に留めなかったなぁ…


あぁ 本当の春が、雪解けが待ち遠しい!


しかし3月3日(日)には、雪上自然観察会があります。
奥社の森や鏡池で、雪の中、春を探して歩きます。
こちらも、要チェックです。


詳しくは、戸隠観光協会HPへ
http://togakushi-21.jp/