戸隠地質化石博物館の日記

博物館周辺での日々のできごとを、地質、植物、動物などの各担当者が書いていく日記です。

3月9日 花を見る

今日は、暖かくなりました。

 

毎日のようにブログを書いていると、ネタ探しに苦労します。

 

今日は、「感謝の日」「記念切手記念日」だそうです。

 

関門トンネルが開通した日だったり、

坂本龍馬が、伏見の寺田屋で幕府役人に襲われた日でもあるそうです。

 

3月11日に向けて、何か書こうかな、と思いつつ、

 

昼休み時間に、陽だまりをうろついてしまいます。

 

すっかり、周囲の雪もきえつつあります。

 

気温も13.5度まで上昇…!

f:id:Naturalhistory:20210309130900j:plain

 

いろいろな花が見ごろになりつつあります。

 

オオイヌノフグリ

f:id:Naturalhistory:20210309130824j:plain

クロッカス、

f:id:Naturalhistory:20210309131008j:plain

そしてフクジュソウ

f:id:Naturalhistory:20210309131417j:plain

 

スイセンのつぼみも膨らみはじめ、

 

チューリップもぐんぐんと成長中です。

 

ウメのつぼみ…

f:id:Naturalhistory:20210309130943j:plain

 

しかし、春先になると用心が必要な場所も…

 

先日、糸魚川市でも融雪が原因とみられる地滑りが発生していました。

 

戸隠山でも、雪崩が頻発します。

「ドーン」 と大きな音が、麓で聞こえる場合もあります。

 

奥社が雪崩でつぶれてしまった事件もあったそうです。

 

 

一昨日の日曜日も、国道で落石が発生…

その直後に、この館へくる途中の友人が激写していました。

f:id:Naturalhistory:20210309134721j:plain

 

Aさん、無事でよかった! 画像もありがとうございました!

 

 

氷が融け、水となる時期、地盤が緩んで、

こうした落石も発生します。

用心しないといけないのですが、

車で走っていると、なかなか避けられません。

 

なにはともあれ、無事でよかった!

 

太陽と重力、その存在が大地を大きく変えます。

「水」という潤滑剤が、その変化の主役です。

 

キャ●ディーズを思い出します。

「♪雪がとけて、川になって、××××ていきます~♫」

 

今日もおあとがよろしいようで…