戸隠地質化石博物館の日記

博物館周辺での日々のできごとを、地質、植物、動物などの各担当者が書いていく日記です。

コレクション

「マメの展示にかかわりあるかと思って」

と、先日、

近所のボランティアのおじさんが持ってきてくださったのは、

f:id:Naturalhistory:20191016163908j:plain

コショウの小瓶たち

 

f:id:Naturalhistory:20191016164007j:plain

中身は野生植物のタネでした^^

マメの仲間も含め、30種類もありました。

 

身近な草木の実やタネを、こつこつ集めていらしたようです。

f:id:Naturalhistory:20191016164456j:plain

中には、極小の実を一緒に入れたもの(マムシグサ)、

方言でラベルしたもの(しょうのみ:塩の実=ヌルデの実)

もあり、おじさんのセンスが光ります。

 

f:id:Naturalhistory:20191016164343j:plain

キセルガイスズメバチの焼酎付け、

ハチの巣に入っていた花粉の塊、なんてものも^^

 

このコレクションをするために、使いもしないコショウを購入し、

中身は捨てていた、というからまた驚きです。

おじさんのコレクション継続のために、

博物館のサンプル瓶を贈呈させていただきたいです。

 

じつはこのおじさん、地域の歴史や自然にとても詳しく、

地元の集落についての本を執筆されたことも記憶に新しく、

また、博物館には、

 土の金平糖(長野県でのメジャー新聞紙にも登場)

https://naturalhistory.hatenadiary.jp/entry/20100421/1271840641

 田んぼの謎の白い塊

https://naturalhistory.hatenadiary.jp/entry/20160502/1462178897

 クモの卵塊やガのまゆ

https://naturalhistory.hatenadiary.jp/entry/20171220/1513758076

 

などなど、これまでも面白いものを博物館へ持ち込んでくれます。

戸隠の博物学者の大先輩です!

ぜひこれからも、

独自の視点で博物館のコレクションに貢献していただきたい!

よろしくお願いいたしますm(__)m

 

あつめ つくり みせ のこす

台風のあと

寒気が入り込み

館内も寒いです><

暖房入れたくなるほどに・・・

 

 

冬も近い・・・

館の裏にある栗も台風でずいぶん落ちました

 

こうした実りは

動物たちも当てにしているようで

最近増えてきたサルも

けっこう食べている様子

 

負けじとひろわないと><

 

そういえばこのあたりには

クリが好きな動物として

ツキノワグマがいます

 

2006年に県内だけでも

1000頭以上が駆除されましたが

10年以上がたち

ここ数年は秋から冬にかけて

野生動物にはすごしやすい気候でもあり

クマの資源も回復したみたいです

 

今年はそのせいか

例年になく持ち込まれたり

持ち込まれそうになったり^^;

 

そのうちの1頭は

180㎝ 150㎏という超大物!

ツキノワグマでこの大きさは最大級です!

 

まだ頭の骨だけですが

f:id:Naturalhistory:20191014163026j:plain

30cmの竹の定規では足りないくらいの大きさ!!!!

横幅もひろく圧倒されるサイズ感です!

それでも縫合線による齢査定では12歳^^;

 

 

縫合線が全部くっつくまでは成長するってことは

まだ成長期だったのかも・・・

 

生きていればイヌが頑張る某漫画の

赤カブトを彷彿とさせることになったかも・・・

 

そして

同じく今年持ち込まれた

0歳のクマの

先日できたばかりの毛皮

と比較してみました

f:id:Naturalhistory:20191014163147j:plain

0歳のクマは頭胴長が53㎝ですので

Maxサイズの頭骨がいかに大きいかが

わかってもらえるかとおもいます

 

ちなみにこの子は9月の頭に

親とはぐれたらしく

餓死して亡くなった子で

 

解剖時 胃内容物もなく 

自力ではなにも摂取できなかったようです

 

数日間某所をうろうろしていたそうで

「今日は見かけないね」と

さがしに行ったら

草むらに横たわって

冷たくなっていたそうです

 

発見当時4.4㎏しかなく

某動物園での飼育記録によると

春先に冬眠から覚めた時とほぼ同じ体重なので

冬眠から覚めて数か月たっているはずの

この子はずいぶん小さく痩せていたようです

本日より毛皮は公開しています

 

 

他にも1歳半の子も持ち込まれたので

現在その子の毛皮も作成中

もちろん骨も

 

戸隠にすむ同じクマでもいろいろですね

こうした個性を記録し、残すためにも

博物館ではたくさんの標本を作製しています

 

日々すこしずつですけどね

 

そんなお手伝いをしたいって

奇特な方がいれば

ご連絡くださいな

台風通過後…

最大級の台風19号 通過後…

 

柴犬館長と周囲を視察!

 

 

f:id:Naturalhistory:20191013164257j:plain

カラマツやスギの葉が道を覆っていました。
その根返りも多発。

 

 

職員の住宅があるあたりは

昨日の午後4時ごろから停電が続いています。(いまだに復旧せず"(-""-)")

 

電気のありがたみがわかりました。

f:id:Naturalhistory:20191013164237j:plain

f:id:Naturalhistory:20191013164404j:plain

米を干していたはぜも転倒していました。(+_+)

 

 

 

f:id:Naturalhistory:20191013164420j:plain

戸隠から飯綱高原にかけては風が強く、いたるところで倒木が見られました。電線を切断したのでしょう。

懐中電灯とラジオの情報で暮らす一日…

f:id:Naturalhistory:20191013164333j:plain

休みということもあり、裾花川沿いをパトロール

 

停電のため、やることがないので、堤防が決壊した千曲川沿いに調査です。

 

大昔、ここをフィールドにしていたので、見晴らしの良い場所は熟知!

 

豊野丘陵の中腹から、穂保や長沼地区を眺めました。

f:id:Naturalhistory:20191014121726j:plain

海状態です。

長野県に降った雨の6割以上が集中する地域です。

 

リンゴの落下も多数ありました。

想像以上に被害が広がっていました。

 

被災された方々にお見舞い申し上げます。

 

 

台風19号 接近中

大型で、勢力の強い台風19号が本州に接近中です。

 

各地で暴風雨による被害がでており、注意が必要です。

 

高速道路や鉄道なども通行止めや計画運休のニュースが流れています。

 

午後3時ごろから、戸隠の雨も強くなってきました。

 

台風は、本日夜に本州に上陸するとのこと。

 

昭和33年(1958)の狩野川台風に匹敵する台風だ、

とのことで気象庁は避難をよびかけています。

 

今のところ、戸隠は風は弱いですが、今晩が心配です。

このブログを読んでいただいている方の無事を祈ります。

 

こうした災害時、地質屋としては土砂災害や河川の氾濫が気になります。

 

どうしても、現場を見たくなり、ちょっとパトロールに…"(-""-)"

 

平成7年7月12日の集中豪雨災害の記憶がよみがえります。

自分の住む地域で、自身が体験する、初めての大規模災害でした。

 

川の堤防や、大きな崖が、目の前で音をたてて崩れてくるのですから…

それが、災害の見方や、地域の防災に何が必要なのか、を

考えさせるきっかけになったと思っています。

 

この博物館をつくるうえでの、貴重なターニングポイントでした。

 

閑話休題

強くなった雨の結果、河川の水位が上がりはじめています。

 

f:id:Naturalhistory:20191012152017j:plain

裾花川の本流の様子…

 

f:id:Naturalhistory:20191012152036j:plain

綾織橋付近の楠川です。2年前に直したところです。

 

f:id:Naturalhistory:20191012152053j:plain

折橋付近の楠川の状況です。午後2時30分ごろ…

 

明朝もパトロールしたいと思います。

何事も起きなければよいのですが…

 

 

皆様も、周りの異変に注意してください。

そして、今晩無事に過ごされることを祈ります。

嵐の前に

勢力の強い大型の台風が接近中です。

防災無線でも、何度も注意が呼びかけられています。

館の周りも、飛びそうなものをできるだけ移動させました。

 

もちろん彼も屋内避難です。

f:id:Naturalhistory:20191011163451j:plain

普段から雨があたらない場所ですが、

すでにトレードマークの みの や帽子はだいぶ傷んでいます。

これを機に、新調してあげようかという話も・・・

 

さて、少し前の話ですが、ご紹介しそびれていた、

牧場の調査でのできごとを書かせていただきます。

 

すでに紅葉が始まり、秋の花、トリカブトがきれいでした。

f:id:Naturalhistory:20191003100249j:plain

いわずと知れた強烈な毒草です。

この花、とても変わっていて名前の由来になった、

帽子(かぶと)形のものも含めて、

見えているのは(おしべの束以外は)正確には がく です。

 

帽子をとると、中には

f:id:Naturalhistory:20191003095619j:plain

こんな不思議な構造のものが2つずつ隠されていて、

これが本当の花弁(花びら)です。

f:id:Naturalhistory:20191003100213j:plain

くるりと巻いた筒の先に蜜が入っています。

ハチがもぐりこみ、ストローを伸ばして蜜をすいます。

そのとき、ハチのおなかに花粉がつくというしくみ。

なかなか凝っています。

 

調査中も大型のマルハナバチがせっせと花をまわっていました。

思わず、蜜の味を確かめたくなったのですが、

ハチは良くても人はダメかもしれないので、

吸うのはやめておきました^^;

 

そのときふと目にとまったトリカブトの実

f:id:Naturalhistory:20191003150816j:plain

かじりつく、芋虫の姿があります!

花の蜜はハチを誘うためのものですから、

毒はなさそうな印象ですが、

実をかじってしまうとは、トリカブトにとっても一大事。

 

調べてみると、本州にはトリカブトを食草にするガの仲間が2種、

マダラキンウワバ と アカキンウワバ が知られていました。

 

その幼虫の姿を紹介している図鑑やネット画像が見つからず、

どちらかはまだ不明です。

 

それにしても、なぜよりによってトリカブトを食べるのでしょう?

体に毒をためることができる、など何かメリットがあるのでしょうか?

 

どんよりした雨雲に、明日の天気を心配しながら、

ちょっとした生き物の世界のフシギをご紹介してみました。

 

今回の台風では、大きな被害がありませんように・・・

(博物館は通常営業です。せっかくの三連休なのに残念・・・!)

秋一番の快晴!

台風が接近中ですが、この秋一番の快晴に恵まれました。

 

今日は、そんな中、某小学校の地層見学

こどもたちも地層にさわったり、石をわったり、楽しんでいたのが印象的!

f:id:Naturalhistory:20191010162932j:plain

その後、来月の行事の下見にいってきました。

 

そういえば、今日は10月10日、晴れの特異日です。

それで、東京オリンピック(1964年)の開会式に選ばれた、と聞いています。

それを思い出させる好天でした。

 

青空に誘われ、根小屋城に登ります。

 

戦国時代の城跡ですが、そこは別天地!

 

快晴だと、天下をとったど~!(^O^)/

と、叫びたくなるくらいの場所!

 

村時代、この城の発掘調査にかかわったことがあり、思い出の場所です。

 

そこから眺める、戸隠山!荒倉山! 飯縄山

チコちゃんの木も見えるのですが、わかりますか❓

f:id:Naturalhistory:20191010162956j:plain

そして鹿島槍ヶ岳

f:id:Naturalhistory:20191010163012j:plain

もう最高です!

 

360度の展望が、この城のウリ!

 

機会があれば、一緒にいってみませんか?

 

石ころもたくさん拾えるし、

地層の大きな境もみることができそうです。

戦国時代の城は、地質や地形を思いっきり生かしており、

f:id:Naturalhistory:20191010163038j:plain

地質屋にとっては、楽しい場所の一つです。

秋の深まり…

朝の館長視察も、秋の深まりを感じます。

 

今朝は、寒くなりました。

 

これで、紅葉も進むことでしょう…

 

秋の深まりは、実りの豊かさでもあります。

 

戸隠を代表する作物、蕎麦の甘みも増すことでしょう。

f:id:Naturalhistory:20191009155020j:plain

 

 

甘みといえば、コレ!

f:id:Naturalhistory:20191009155051j:plain

昨日、味わってみましたが、アケビも豊作!

 

 

 

色づきが進んでいます。

 

色づきといえば、ノブドウも、色づき始めています。

f:id:Naturalhistory:20191009155112j:plain

 

 

 

飯縄山も、一気に色づいてきた感じです。

f:id:Naturalhistory:20191009155132j:plain

やっぱり、秋の戸隠は最高ですね!

 

台風19号、大きく東にそれて、日本に来るな!

 

どっかにいってしまえ!