戸隠地質化石博物館の日記

博物館周辺での日々のできごとを、地質、植物、動物などの各担当者が書いていく日記です。

晴れて目でたく終了

今朝は冷え込みました。

職員の家(戸隠支所の近く)でマイナス2.9度だったそうです。

f:id:Naturalhistory:20201031081143j:plain

霜も降りました。

冬が忍び寄って来ていることを実感します^^;

 

今日は今年最後の植物観察会

博物館からほど近い、荒倉キャンプ場で行いました。

ここは鬼女紅葉(きじょもみじ)と平維茂(たいらのこれもち)の

伝説の舞台。

紅葉のいい時期にお天気に恵まれ、

おかげさまで紅葉狩りを楽しみながらの観察会となりました。

 

f:id:Naturalhistory:20201031114258j:plain

 

観察できたモミジ・カエデの仲間は13種類になりました。

f:id:Naturalhistory:20201031160404j:plain

オオモミジやカラコギカエデ、ミツデカエデなど、

ここに写っていないものもあります。

 

さらに今日は目のいい子どもたちも一緒だったので、

色々な発見・驚きの連続でした^^

f:id:Naturalhistory:20201031100226j:plain

朽ちた木の皮をはいだら中にいたのは スズメバチ

微妙に動いていたので、冬眠を始めた新女王でしょうか?

仰向けのハチの寝姿に、個人的にはかなり衝撃でした><

まさに「眠り姫」です。

 

もう一つ驚いたのは大型のコケの仲間との遭遇

f:id:Naturalhistory:20201031105853j:plain

10㎝近くたちあがり、

軸が木の枝かと思うほど固くしっかりしていました。

コウヤノマンネングサというようです。

 

f:id:Naturalhistory:20201031153800j:plain

見本に少しとってみると、横に這う茎もありました。

これまでのコケの概念をこえた存在です。

名前が 〇〇ゴケ ではないあたりが

すでに超越しています・・・

 

しかし、何と言っても驚いたのは、

f:id:Naturalhistory:20201031095133j:plain

このキャンプ場に大勢の人の姿と声があふれていること!!

100名を超える団体さんの利用と重なりました^^

薪拾い、火おこしに忙しそうでした。

 

明るくにぎやかに今年の観察会が終了!

本当にお世話になりましたm(__)m

来年もどうぞよろしくおねがいいたします!

 

これは?なんだ?

ちょっと前のことですが、

 

柴犬館長との朝の視察での出来事です…

 

道の上に、白い点々が並んでいます。

 

 

 

f:id:Naturalhistory:20201030190508j:plain

これは、なんだろう!

 

 

 

f:id:Naturalhistory:20201030190432j:plain

館長と思案をしていました。

 

うーん 何かなあ?

 

館長も不思議そうです。

 

 

 

花びらではないし、新種のカビかなぁ???

 

一直線に並んでいるし、新手の菌類かも???

 

 

思案中に、上を見上げたら、答えがひらめきました…

 

f:id:Naturalhistory:20201030190454j:plain

これは、

 

鳥の糞じゃないか!!!!

 

電線が上にありました。

 

誰じゃ、こんな電線に並んで糞をしたやつは…

 

館長もあきれていました…

 

犯人については

鋭意、調査中です…

検査にチャレンジ!

連日、地層見学の学校がやってきます。

 

現場で、いろいろな地層に触ったり、化石を拾ったり、

石を割って、その多様性に目覚めたり…

 

子どもたちがキラキラした目で、自然に触れ合う体験をしていきます。

 

1時間近く、硬い石を割り続けるのは重労働なのですが、

ついリクエストに応えてしまうのは、「地質屋」の性か?

 

子どもたちが地層のスケッチを描く10分程が、ちょっとした休憩時間…

 

そんなときは、道路をじっくり眺めることにしています。

次への仕込みのために、石を拾います。

 

今日は現場の様子を中継しますので?

皆さんも、ぜひチャレンジしてみてください。

 

初級編

 この画像の中に、きれいな石があるのですが、わかりますか?

 

f:id:Naturalhistory:20201029103814j:plain

 

 

 

 

 

 

これは、わかりやすいです。 

中央に、少し青みがかった、きれいな石があります。

掘り出すと…

 

f:id:Naturalhistory:20201029103833j:plain

 

小さいメノウです。

「やったー!」

 

 

では、続いて、中級編へまいります。

 

f:id:Naturalhistory:20201029103706j:plain

 

これは少々難しいかも…

 

 

 

この中のあるものを掘り出すと、

 

f:id:Naturalhistory:20201029103727j:plain

 

今度はすこし白っぽいメノウが眠っています。

いかがでしょうか?

 

わかりましたか?

 

こんなブログを考えていたところ、はたと昔の体験を思い出しました。

 

昔々、小学校で見たあるものです。

ご記憶の方もいるかもしれません。

 

f:id:Naturalhistory:20201029145824j:plain

 

数字を読み取る、色覚検査のものです。

これは「8」

 

 

こちらは

 

f:id:Naturalhistory:20201029145833j:plain

 

「4」です。

 

学校用の資料の中にありました。

 

f:id:Naturalhistory:20201029145809j:plain

 

 

この真ん中の図の意味がわかりません。

どなたか、ご存知の方は、お知らせください。

 

下半分は、2匹のコウモリ…に見えるのですが、なんでしょう?

それとも、眼球の構造を示しているのでしょうか?

 

f:id:Naturalhistory:20201029145843j:plain

 

これは、「意味のない点の羅列…」  仕組まれたワナですね…

 

今は、学校ではやっていないようです。

 

道に落ちている石も、こんな風にみえるのでしょうか?

お近くの道でもお試し下さい。いろんな発見がありますよ…

秋も深まり

第3弾のキノコ採りでは

f:id:Naturalhistory:20201026123056j:plain

クリタケ、チャナメツムタケが大量!

収穫の秋を満喫しました^^

 

さて今日は、

コロナ対応のリフレッシュ授業で市内の小学校さんがやってきました。

穏やかなお天気の中、

石や化石をひろったりとにぎやかに過ごしました。

f:id:Naturalhistory:20201028113150j:plain

元気いっぱいの子どもたちに囲まれ

石を割りまくる職員はくたくたに。。。

子どもたちの目的のリフレッシュは達成できたようなので

めでたし、めでたし ということで^^;

 

f:id:Naturalhistory:20201028135728j:plain

帰りは ほら貝の音に送られて。

 

赤い植え込みはドウダンツツジですが、

山から里へ紅葉がだいぶ降りてきました。

この色を残そうと、職員が始めたのは たたき染めです。

f:id:Naturalhistory:20201028144749j:plain

今回は和紙へ写しましたが、特にきれいにできたのがこの2種。

上がハナミズキ、下がドウダンツツジです。

秋の楽しみがまた一つ増えました^^

 

今朝の戸隠は3度以下になりました。

あんなに食欲旺盛だったモリアオガエル

冬ごもりモードに切り替わったようで、

f:id:Naturalhistory:20201028135022j:plain

好物のコオロギとすでに3日も同居しています。

お嬢さんどうしで会話中のようです^^;

 

残りの秋を存分に楽しまなくては!

 

雪は天からの…

雪は、天から送られた手紙である by 中谷宇吉郎

 

中谷は、昭和に活躍した科学者で、人工の雪をつくりだすことに成功!

 

「天災は忘れたころにやってくる!」という言葉で知られる

東京帝国大学物理学教室の教授 寺田寅彦の弟子でもあります。

 

寺田は、「金平糖の角の研究」などもしたそうな…

この二人は、森羅万象なんにでも興味をしめしたようです。

 

閑話休題

 

その天からの便りが、北アルプスはじめ、戸隠・飯縄山に届きました。

 

日曜日のブログでも一部紹介しましたが、

その日、運よく休みだった職員が撮影しました。

 

f:id:Naturalhistory:20201027152326j:plain

真っ白ですね、北アルプス 爺が岳

 

そして、戸隠山

f:id:Naturalhistory:20201027152547j:plain

 

うーん 冬がやってきたようです。

一時的に西高東低気圧配置で、冬型になったようです。

標高1600ⅿ付近まで、白くなりました…

 

そして、飯縄山

 

f:id:Naturalhistory:20201027152754j:plain

 

戸隠スキー場の付近まで雪になったようです。

 

せっかく、柴犬館長とご一緒だったので、記念撮影にチャレンジ…

 

f:id:Naturalhistory:20201027152912j:plain

 

ソバ畑の刈り取り跡で、一枚、カシャ(^^♪

 

この後、館長はキノコを見つけ、大はしゃぎするかと思えば、

ガン無視!

 

食べられないものには、全く興味を示しません。

「館長、中谷先生のように、森羅万象に興味をもってみませんか?」

 

「秘書はだまっておれ! 柴犬は誇り高き、元猟犬じゃ、

 キノコごときに関わっておれん!」 

(ここから、急に、館長はちょっと893口調になりました…(-_-;) )

 

「ははっー、これは出過ぎた真似をいたしました…」

 

「よしよし、すぐに謝ったので、今日のところは勘弁しといたるわ…

  今後も、立場をわきまえときや… 

       それがお互いにとって、よい な・か・や…」

 

今日も、おあとがよろしいようで…(ちょっと強引だったかな?)

 

追伸

オチに気を取られ、大事なことを忘れていました…

日・月曜日と好天が続き、すっかり雪は溶けましたよ、

 

今日の飯縄山でございます。

f:id:Naturalhistory:20201027133510j:plain

 

 

 

気持ちよく晴れました

昨日の夜、小雨が降ったので心配したのですが

今朝はすっきとりとした晴れ!

しかも戸隠山の初冠雪となりました。

 

出勤途中に楠川の隙間から雪をかぶった山並みがちらっと見えたので、

思わず車を停めて撮影

f:id:Naturalhistory:20201025083721j:plain

五地蔵のあたりのようです。

 

陽射しがでれば気温もあがり、

絶好の観察会日和となりました。

f:id:Naturalhistory:20201025105449j:plain

 

 

今日は草や木の実を集めて、宝石箱をつくる教室です。

晴れ女、実習生が最終日にその真価を発揮してくれました!^^

 

f:id:Naturalhistory:20201025112130j:plain

ススキの穂がきらきら光っているだけで、とっても楽しい!

バッタやカエルも追いかけながら、

たくさんの実や種を集めました。

 

午後はそのきらきらを思い思いに箱に詰めました。

 

f:id:Naturalhistory:20201025132101j:plain

葉っぱも含めて彩り鮮やか^^

 

箱ごとに違う種類を入れる子

小さな箱の1つ1つに幾種類もいれてレイアウトしていく子

本当に様々で、毎年のことながら個性的な作品が出来上がりました。

 

中でも群を抜いていたのは小学2年生男子のこちらの作品

f:id:Naturalhistory:20201025132651j:plain

コケを多用! 実はポイントになるわずかだけですが、

センス良く配置しています。

 

外でコケをたくさん集めているな~ と思っていたら

こんな仕上がりになるとは! 

将来は芸術家でしょうか!^^? 

 

おかげさまで貴重な秋の一日を過ごすことができました。

ありがとうございます!

 

 

こ・う・よ・う

昨日の雨模様から、一転して晴!

(午後には曇ってしまいましたが…)

 

f:id:Naturalhistory:20201024113928j:plain

 

赤く色づいたモミジが青空に映えました!

 

ドウダンツツジも、見ごろです。

 

f:id:Naturalhistory:20201024113951j:plain

 

午前中は、地層観察の下見で、小学校の先生と野外を歩きました。

 

雨上がりは、湿っていて、地層本来の色がよくわかります。

 

化石も見ごろ!

 

f:id:Naturalhistory:20201024102259j:plain

 

沢筋では、黒々とした亜炭層も見えます。

浅い内湾に堆積した、植物遺体の炭化したものです。

戦後まもなく、この亜炭を燃料にするため、採掘したとの話が残ります。

 

f:id:Naturalhistory:20201024103950j:plain

 

雨が降った、効用でございます。

 

実習生にもいろいろと体験していただきました…

明日で、実習も終了…

 

今日は草刈りでも活躍していただきました。

エンジン式草刈り機も扱える!とのこと、

牧場で覚えた、という

たくましい、畜産系女子でした…

 

その活躍のあと、

f:id:Naturalhistory:20201024121031j:plain

 

フジカンゾウマメ科ヌスビトハギ属)の種がたくさんついていました。

 

長野県では「バカ」と呼ばれるタイプの種子たち、

明日の自然観察会「実と種で宝石箱づくり」での活躍を祈ります…